韓国ドラマはアロマです(仮)

韓国ドラマのまとめが増えてきたので、こちらで管理することとしました。辛口気味に好き勝手なことを言っています。ネタバレを多く含みます。未視聴の場合は回避をお願いいたします。

韓国映画「 コンクリート・ユートピア 」

日本題:  コンクリートユートピア

韓国題: 콘크리트 유토피아

 

韓国公開: 2023年8月9日

日本公開: 2024年1月5日

 

監督: オム・テファ

脚本: イ・シンジ / オム・テファ

原作: ウェブ漫画「愉快ないじめ」第2部

「愉快な隣人」(キム・スンニュン)

 

2時間10分。

現在はアマゾンプライムで視聴が可能です。

 

【 あらすじ ストーリー】

世界各地で起こった地盤隆起による大災害で

一瞬にして壊滅したソウル。

唯一崩落を逃れたファングン(皇宮)アパートには、

居住者以外の生存者たちが押し寄せていた。

救助隊が現れる気配は一向になく、街中であらゆる犯罪が横行、

マンション内でも不法侵入や殺傷、放火が起こりはじめる。

 

危機感を抱いた住人たちは、生きるために主導者を決め、

住人以外を遮断しマンション内を統制することに。

臨時代表となったのは、902号室のヨンタク。

職業不明で頼りなかったその男は、危険を顧みず放火された

一室の消火にあたった姿勢を買われたのだった。

安全で平和な“ユートピア”になるにつれ、権勢を振るう

ヨンタクの狂気が浮かび上がる。そんなヨンタクに

防衛隊長として指名されたのは、602号室のミンソンだ。

妻のミョンファはヨンタクに心服するミンソンに不安を覚え

閉鎖的で異様な環境に安堵しながら暮らす住民たちを

傍目でみながら生活をしていた。

生存危機が続くなか、ヨンタクの支配力が強まったとき、

予期せぬ争いが生じる。

そこで目にしたのは、その男の本当の姿だった………。

 

念のため、キャスト・出演者もこの画像以降の

ネタバレゾーンにおいておきます。

未視聴の方はご注意ください。


 

【 出演者 キャスト 】

902号住人/臨時住民代表 キム・ヨンタク(モ・セボム): イ・ビョンホン

602号/義務警察出身の公務員 キム・ミンソン: パク・ソジュン

602号/元看護師/ミンソンの妻 チュ・ミョンファ: パク・ポヨン

207号/婦人会会長 キム・グメ: キム・ソニョン


809号/家具デザイナー ドギュン: キム・ドユン

 

902号/詐欺師 本当のキム・ヨンタク: パク・ジョンファン

ヨンタクの母/認知症: カン・エシム

903号/ムン・スンフン チョ・ギョンスクの長女 ムン・ヘウォン: パク・チフ

グメの息子/青少年防犯隊 ジヒョク: イ・ヒョジェ

ジヒョクの友達/青少年防犯隊 チョンウ: キム・シウン

アパート警備員: キム・ビョンスン

3週間前に越してきた住人 ワンさん: クァク・ジャヒョン

ワンさんの妻: イ・ウンジュ

ワンさんの息子: ユ・イチャン

ワンさんの娘: ヤン・ソヒ

1004号: ナム・ジンボク

パク所長: イ・ソファン

ヤン社長: カン・イル

206号: ファン・ジョンナム

307号: キム・ヒサン

放火された部屋の家主 オさん: チェ・ヨンド

オさんの妻: イ・ジヘ 

イム部長: キム・ヨンジュン

幸福不動産: キム・ドンゴン

209号: ソン・ミンソク

医療隊長: チョン・ヨン

地元選挙区の国会議員 ユ・ドゥヒョン: キム・ハクソン(友情出演)

ユ・ドゥヒョン議員の補佐官 チョン・ジャンナム: ナ・チョル

602号に隠れて同居する子供 チュモン: クォン・ウンソン

チュモンの母/ドリームパレス出身: イ・ソンヒ

略奪されたスーパーマーケット所有者: パク・キョンチャン
略奪されたスーパーマーケット所有者の妻: キム・ガヨン
略奪されたスーパーマーケット所有者の娘: キム・テイ

ヨンタクの妻/美容師: イ・イルチン
ヨンタクの娘: イ・ソア

ミョンファを救ってくれた人: チャン・ソン
ミョンファを救ってくれた人: キム・グォヌ
ミョンファを救ってくれた人: キム・ソンギョン

地震でトラックの下敷きになった女性 ヒョジン: コン・ミンジョン(友情出演)
ヒョジンの彼氏: ホン・スンギュン 
ホームレス: オム・テグ(友情出演)→兄が監督。
ホームレス: チョン・ヨンギ(友情出演)
ホームレス: オ・ヒジュン(友情出演)
ホームレス: キム・ジュンベ(友情出演)
アナウンサー: オ・スジン(友情出演)

 

【超個人的感想と記憶メモ】

ネタバレと辛口を含みます!許して!(笑)

 

地震大国日本に住む視聴者としては、

「余震は?」

二次被害は?」

「部屋でローソク使うのは余震があったりしたら危険!」

と、ずっと心配してました。

 

・世界崩壊にも色々とあって、ディザスターが原因だとすると

火山噴火、地震津波、隕石、なんかの爆発…あと、疫病もか。

SFも込みだとすると、宇宙人、恐竜、ゾンビ(病気感染含む)

あとは深刻な大気汚染の「配達人」なんかもありましたね。

ある程度予知できる類の災害だと、お金持ちの人がシェルターを

作ったりだとか、「配達人」だと金持ちたちが「酸素」を

金儲けの手段に考えて人間の命に階級を作ったりしていました。

今回は世界規模の大地震です。絶対的な救助の見込みも薄く

とりあえず生きている人々は今までの生活の残りでまずは生き延びようと

する。寒さを凌ぎ、助け合ったり、現存する食料を確保する。

動物が生きていれば、自らの手で狩りを始めるかもしれない。

それでも、危機に陥れば強い者たちで群れ、資源を奪い合う。

「よそ者」の人間を殺してでも自分の“家族”を守ろうとする。

でもそれは悪?それとも必然?

人を殺してはいけないけど、人の食糧を奪うこと、

人の金をだまし取ること、人が死に至るのが分かっているのに

極寒の屋外に放り出すことは良いのか。

そんな倫理をほんのちょっと考えるような映画。

 

・10階以上はあるそこそこの高層マンションなので住人が

全員助かったか否かはわからないけど、とにかく出演者が多い。

で、殆どの人がススだらけとかあまり衛生状態のよくない格好を

しているし、画面は暗くてほぼモノトーンだし見分けがつかない(笑)。

(ある場面のあの碁石も、モノトーンの象徴)

殺伐としている画面の中で、一人だけほんわか優しい空気を

出しているのがパク・ボヨンちゃん演じるミョンファ。

元看護士なので命の大切さを人一倍知っていて、なおかつ

望んでいた自分の子供も流産したからこそなおさら、

幼い子どもたちを守りたい。

しかし、困っている人を全員救っていくほどの食糧や燃料、

水の余裕もない。指導権を握り、自分のマンションに住まない人々の

ことをゴキブリと呼ぶような住民たちとは相容れないのは当然。

主役である“ヨンタク”とは真逆の立場で、最終的には

「やっぱり違う生きていく道もあるじゃないか」に到達する

ある意味ヒロインなのが、ミョンファだと思った。

暖かそうな日差しも彼女には届くしね。でも…(続く)

 

・私のようなポジションが、韓国ドラマ第〇世代ファンという

のかわからないけれど、私はイ・ビョンホンか、パク・ソジュンかで

言ったらパク・ソジュンなんですよ(笑)。

そのソジュン氏がサブキャラで、なんなら妻のミョンファより

“その他大勢”感を感じてしまって、なんか残念。

途中で死亡フラグをびんびんと振りまくってからの~案の定で消えるし。

 

・ちなみにどんな細かい役にもオーディションを行うなどした

こだわりで(確かに小物にもすごい気が使われていた)、

このパク・ソジュンとパク・ボヨンという贅沢なご夫婦の

www.instagram.com

まで準備されていたそう。

 

手が込んでますね。

 

・(私的解釈)いろんな仕事を渡り歩いて、頑張って貯めた

お金でこのマンションを購入し入金した所で不動産詐欺だと

気づいたモ・セボム。家には借金取りが押しかけ、妻と娘に

まで被害が及び家庭は崩壊。騙し取られたお金を返してもらおうと

詐欺師の家に押し掛け、ついカッとして殺してしまった所で

災害に遭う。そこでその詐欺師の名前ヨンタクを名乗り、

住人の振りをして住民のリーダーになる…わけですが、

最後まで統制が取れなかったあたりに仕事を転々としていた

性格的な理由みたいなものがあるのか、とグルッと一周。

 

・せっかく自分が必要とされているポジションにつけたのに

そこに本物のヨンタクを知る(悪い印象での記憶が残っていた)

女子高校生?が現れてウソがばれると思った偽ヨンタクは

住民が排泄物を捨てていた深い穴に彼女を突き落として殺害する。

住民以外を「ゴキブリ」と呼んだり、ク〇まみれにして

若い子を殺すとか行き過ぎた表現はあまり好ましくないなぁ。

 

・ユ・ドゥヒョン議員の補佐官役のナ・チョルさん(ハピネスにも出演)

は公開の7カ月前に36歳で体調不良によりお亡くなりに。

これからの人だったのに…惜しいです。

ちなみに「ハピネス」は謎の感染症でマンション一棟だけが

感染を免れる…というマンション閉じこめサバイバルドラマ。

 

もしこれから鑑賞される方がいれば、

「EXIT」とか「配達人」とか「ハピネス」とかと

同時に鑑賞されるのがオススメ…かも(笑)。

韓国ドラマ「 パンドラの世界 産後ケアセンター 」

日本語題:  パンドラの世界 産後ケアセンター 

原題:  산후조리원(産後調理院)

 

脚本:  キム・ジス

監督:  パク・スウォン

 

2020年11月2日から11月24日まで、tvNで放送。全8話。

 

自分は家庭を持っていないし、

どらちかといえば「子連れ様」と言う側の人間なので

ゴテゴテの子連れファーストに導かれるタイプのドラマかな?と

敬遠していたんですが、見て見たらなんだこれ(笑)。

「子供は最高!」みたいな雰囲気でもなく、見やすい。

嫌な感じではなかった。面白い。

経産婦の方が観たらまた違うだろうし。

短いし、サクッと観れますよ。

 

【 あらすじ ストーリー 】

ヒョンジンは韓国を代表するドラッグストアの大手企業

「オリブリー」に勤めるキャリアウーマン。

最年少女性常務に昇進が決まるがなんとその日に妊娠が発覚。

臨月まで働き続けたヒョンジンは高齢出産もあってか

生死の境をさまよいながらも無事に男の子を出産。

母子のケアをしてくれるセレニティ産後ケアセンターに

入ることに。だが、仕事一筋で突っ走ってきたヒョンジンにとって

そこはまるで別世界だった…。

 

【 出演者 キャスト 】

タクプルのママ/オリブリー最年少常務

                                  オ・ヒョンジン(42歳):  オム・ジウォン

ヒョンジンの夫/アプリ開発会社CEO キム・ドユン(35歳):  ユン・パク

タクプル/キム・ラオン:  キム・ソン    

サランのママ/元CA/インフルエンサー チョ・ウンジョン:  パク・ハソン    

ヨミのママ/下着会社CEO イ・ルダ(スクプン):  チェ・リ    

センニティケアセンター院長 チェ・ヘスク:  チャン・ヘジン    

宅配運転手 ハ・ギョンフン: ナム・ユンス    

ウンジョンの夫/プロゴルファー イ・ソンウ: チョン・ソンイル

ウンジョンの双子の息子 イ・ハジン: チョン・シユル

ウンジョンの双子の息子 イ・ジョンジュン: ジュ・サンヒョク


ウンジョンの子 サラン: キム・ジアン

ウンジョンが雇っていたベビーシッター: ド・ユンジュ

《センニティケアセンター》

スクスクのママ/幼稚園の元先生 パク・ユンジ: イム・ファヨン

ユンジの夫 チョ・ユンヒョン:     ムン・ジェウォン

ヨルムのママ/ソウル大教授 チョン・ユリム: チェ・ジャヘ    

カックンのママ/専業主婦 イ・シウォン: キム・ユンジョン

看護師 アン・ヒナム: チェ・スミン

看護師 カン・ウンミ: イ・セラン

看護師 ワン・チヘ: パク・ソヨン

料理長: ソン・スンテク

ヨガインストラクター:  パク・スミン

講師: オ・ジヨン

新規入所者: ハ・スンヨン(顔はほぼ見えない)

ベテランパパ/ドユンの兄貴分/医師 

                           ヤン・ジュンソク: イ・ジュニョク(特別出演)    

ルダの恋人/ヘスクの息子/医学生 チャ・ウソク: ヨ・ウィジュ

ウソクとルダの子供 ヨミ: キム・テヤン

ルダの父: チョン・ヒテ

《オリブリー》

商品企画チーム長 キム・ミンス: キム・ミンチョル

新任の理事 アレックス・チェ(38歳?): ソ・ジュヨン(特別出演)

オリブリー社長: ユ・ハボク    

社員: ホン・ジウン

社員: チャン・ヨンヒョン

ヒョンジンの母 キム・ナムレ(73歳): ソン・スク(特別出演)   

ナムレの若い頃: ソン・ギョンア(6話)

ヒョンジンの少女時代: イ・ハジュ

ヒョンジンの子供時代: キム・ダンウ

ヒョンジンの父: チェ・ボムホ

ヒョンジンの想像の中の死神: カン・ホンソク(特別出演) 

ヒョンジンの想像の中の8才のタクプル: ソン・ミンジェ

ヒョンジンの担当産婦人科医: チョン・ムンソン(特別出演)

ヒョンジンの担当看護師(1話): ヤン・ジョア

ヒョンジンの想像の中の裁判の担当検事: チョン・スンウォン

ヒョンジンの義父: ソン・ソンチャン

ヒョンジンの義母: キム・ナムジン

ヒョンジンの妹: ペ・ユリ

ヒョンジンの甥 キム・トクプル(8歳): ソン・ミンジェ

ヒョンジンの甥 キム・トクプル(3歳): イ・ソジン

ヒョンジンの幼なじみ(1話): イ・ナヨン

ヒョンジンの取引先企業: JJグラハム

ドユンが行ったベビーカー店の店員: チョン・イラン(特別出演)

ドユンたちが行った店の主人(2話): イ・ソグム

ドユンたちが参加した母乳育児インストラクター(2話): チェ・ヨウン

 

トップスターママ/国民の女神 ハン・ヒョリン: パク・シヨン(特別出演)

ハン・ヒョリンの所属事務所の代表 パク代表: パク・ヤソン    

ドユンの会社の社員 ユン・ヒウォン: ウヒ(Dal★shabet

ドユンの妹?: ペ・ユリ

 

伝説のシッター「伏竜」クォン・ヨンミ: キム・ジェファ(特別出演)

ぼったくりの作名師: チョン・サンフン(特別出演)


記者: キム・ヘウォン    

パク・ユンジの夫 チョ・ユンヒョン: ムン・ジェウォン    

アン・ヒナムの息子 チャ・テヒョン: チャ・テヒョン(特別出演)    

 

以下、超個人的感想と記憶メモです。

ネタバレ含みます。

未視聴の方はご注意ください。

以下、超個人的感想と記憶メモです。ネタバレ含みます。

 

【超個人的感想と記憶メモ】

・産後ケアセンターとは産婦が出産後、体調管理のために

利用する韓国独自の療養施設。ベテラン看護師が24時間体制で

赤ちゃんを見守り、ホテル出身のシェフが作る完璧な食事、

妊娠中に増えた体重を落とすためのスパルームまで、

提供してくれるそう。最近は日本にもあるようです。

スパまであるかはわかりませんが。

 

・マママウンティングが院内にはあったりするんですが

でも基本、この施設を利用している人々は金銭的勝ち組。

なので「母乳で育てている」「自然分娩だった」等

どうでもよさそうなことがマウンティング材料(笑)。

 

・最初のほうは、高齢出産だから命が危ぶまれる出産、だとか

臨月までガンガン働きまくって…破水、とか

ちょっと苦手意識が発動したんですが

その後の出産までに至るあたりの「獣化」のあたりで既に爆笑

(いや出産されたお母さん方には申し訳ないんですが)

慣れっこなので冷たい看護師、陣痛に苦しんでいるのに

新人レジデントたちの勉強の場にさせる気の利かない産婦人科医。

(これが賢い医師生活からの白衣が似合うあの方なのがまた)

出産準備での浣腸からのトイレで大爆笑(脳内小学生)

…笑ってしまいました…。

 

・痛さや大変さ、「妻」「母」といった肩書に囚われる人生。

自分が育った家庭環境で結婚したいくない人、老齢の親や

家族に心苦しいなかサポートを依頼しなきゃいけない人、

ベビーシッターを通いでつけるか住み込みでつけるか、

夫が産後の体を全然理解してくれない、などなどなど。

一通り取り揃えていて(笑)勉強になります。

これ、日本でもリメイクしたらいいと思うけどな。

鍵は「院長」かしら。あと看護師さんにはベテラン声優を(笑)。

 

・出産、産後休暇中に自分の仕事場での立場を脅かす人物

アレックスの登場。やたら気の利くやり手の男性が…と思いきや、

まさかのユン先生(浪漫ドクター キム・サブ)

 

・強気で自由なルダちゃん、どこで見たんだっけ…と思ってたら

ウンタクの従妹じゃん!

…て、私はウンタクの幼なじみか。

 

・施設にいる間は、ネグリジェみたいなワンピース着て

(授乳しやすい恰好)まとめ髪で、全体的に自宅モード。

でもお気に入りの配達員が来るときは、みんな少し気合を

入れてオシャレする。そして一歩外の世界に出る時には

勝負服を着てヒールを履いておでかけ。わかるわー。

 

・あの人気スターが隠れて入所している、というくだり。

要りました?(笑)妊娠で太った、という話なんだけど

デブの特殊メイクが雑すぎて、手とか完全に着ぐるみ。

 

・勝手に増えている母乳、謎の贈り物とメッセージ。

やがては他人の子供に対する勝手な命名

「そうよね…そっちもあるよね…」と。

怖かったけど。

そういう産みたくても産めない人々、亡くした人、にも

哀しい光を当てているのも良かったです。

 

・最後の最後に来て、びっくりする親子共演が。

そうか、チャ・テヒョンさんの本当のお母さんなのか。

息子から、母親へのお願いを挙げる場面は、

猟奇的な彼女」オマージュだとか。顔も似てるー。

 

・あれだけ女性ばかりの現場だと、和気あいあいしてそう…

と思って、メイキングみたら本当に楽しそうでした。

あのダンシングチキンハットは絶対目に入ったら笑っちゃうと思う。



オム・ジウォンさん、170cmぐらいあるらしいので

チキン入れたら2メートル近いのでは(笑)

・親がダメだと、子供もダメになってしまう…と想像して

大きくなったタクプルを夫役のユン・バクさんが演じてる。

だいぶ若い頃からハゲだしてて大変(笑)。あれも絶対笑っちゃうって。

そんなユン・バクさんと、ジウォンさんの愛犬。


ユン・バクさんも愛犬家ですからね。

 

劇中のお二人の結婚写真。逆壁ドン(壁ドンって久々にいった)

 

・子供が泣き止まず、寝ていた夫を起こすと

「明日は大事な仕事(試合)があるんだ」という夫に

「明日は私は子供の世話があるのよ。それも三人も」

というウンジョンがカッコイイ。

 

・ 「子供が生まれたら、お母さんは自然に母性愛ができる」

という既成ドラマの偏見を取っ払ったり、出産について美化なく

現実的に扱った点が良かったと高評価を得たそうで、監督は

「苦手でも大丈夫だから、幸せなお母さんになってください」

ということを伝えたかったそう。

 

・イケメン配達員は、なんというか人は良さそうだし

顔も悪くないけど…これといって…(笑)

でも、私が転んだら絆創膏とか買ってきてほしいタイプ(どの口が言う)

 

・ケアセンター、なんて贅沢なものではなくてもいいから

新人ママたちが、経験者に助けてもらいながら

子どもとの付き合い方を学べる公的施設(出来れば24hサポートで)

など日本にもあればいいのに、と思いました。

新人ママ学校兼サポートみたいな。

それこそ、子供手当を出すより有効的な気が。

母親の働きを直接的に他人が褒める場所としても存在すれば、

変な自己顕示欲まみれでスマホばかりいじる人も減りそう。

 

面白かったです。

(1時間×16話とかだったら、ちょっとお腹いっぱいだと

思うので尺もgood)